求人を最大限に利用する|イキイキ働ける場所をハッケンせよ

労働者の受け入れ

農村からの出稼ぎから外国人労働者の受け入れへ

部品の組み立て等を行うルーチン作業によって大量生産を行う寮付きの仕事は、日本の自動車産業を代表とするものつくり産業を支えてきた重要な仕事です。 近年になると農村でも冬場に仕事をできることが多くなった一方で、外国人労働者の流入によって安価な労働力が増したことにより、年間を通してこういった工場の寮付き求人が行われるようになりました。国内のニーズもあることから現在では両方からの採用が行われている状況ができています。

機械化が進んでも必要な工場での労働力

寮付き求人に応募する側から見ると農村からの需要は低下しているものの、それ以外にも住む場所に困るほど生活に困窮している方々やアルバイト生活をしている人にとって重要な役割を果たしているのが工場の寮付きの仕事です。そのため、安価な外国からの労働力が流入しても今後もこういった求人が続けられていくでしょう。 企業側としても様々な行程のロボット化が進んでいるとはいえ、人の手による反復作業の需要は依然として高い状況があります。自動車産業のみであった状況から食品産業等にも広まることで仕事内容のバリエーションも増えてきています。こういった労働力に着目して新しい生産体制を生み出す企業も増え、求人内容もさらに内容が富んだものになっていくと予想されます。